アメリカ駐在が決まったらやること、赴任後にやること(カリフォルニア州)

着任前

日本の銀行口座、証券会社口座など

  • 米国の確定申告で口座番号や残金などの申告が必要なので、オンラインバンキングの準備をしておく。また、不要な口座は閉鎖する。
  • 証券口座、FX口座などは全て手仕舞いして、閉鎖した。
  • 住宅ローン関連、財形などの口座は、アメリカへの駐在について報告した。海外からは残高の確認だけOKとなる。
  • メインで使っている住信SBIネット銀行、住友銀行は、そのまま。デビットカードの有効期限に気をつけた。
  • 海外在住者に優しいソニー銀行を新たに開設して、(Wiseを使った送金用に)サブとして準備した。ドル口座へドル転して、そのままアメリカで出金できたりするので、便利そう。未体験。
  • 会社から案内された元CITI銀行もセットアップしたが、ユニオンバンク開設とWiseでの送金ができたので、使わず。(駐在員向けに手数料無料など実施していた。)
  • 元CITI銀行は、ドル口座へドル転して、そのまま$2,000までアメリカで手数料無しで出金できるとのこと。また日本在住時であれば、オプション商品(プレミアムデポジット)で利息をもらいながらスプレッド無しでドル転可能とのこと。(未体験)

日本のクレジットカード

  • 不要なクレジットカードの解約や住所変更。
  • アメックス、ANA SFCカード、Amazonゴールドカードなど数枚を残して他は全て解釈した。

Wiseアカウントの作成

送金用にWiseアカウント作成して、ユニオンバンクに送金しておくと良い。一回の送金につき、100万円という上限があるが、分散して送金できると前向きに考えている。ソニー銀行や旧CITIバンクよりも、お得に送金できると思う。(厳密な比較はしていないけど。)

You’ve been invited to Wise – Join and get a discount.
Banks sting you with hidden charges when you send or spend money internationally. But that’s yesterday’s problem. Say he...

米国の銀行口座

三菱UFJ銀行経由で米国ユニオンバンクの口座が作成できるので、わざわざ三菱UFJ銀行を開設した。Saving口座を作成しても利子は微々たるものなのでChecking口座のみで十分と思う。ユニオンバンクは最近身売りされたので、早めに作っておくと良い。渡米前にWiseである程度の額を送金しておくと便利。

米国のクレジットカード

日本でアメックスを使っていれば、渡米後にすぐ米国のアメックスが作成できるが、保険としてANA USA CARDなどを作っておいても良いかもしれない。初年度無料。

【アメリカン・エキスプレス】ご紹介プログラム
このリンクよりご入会いただくとボーナスポイント等の特典を獲得いただけます。是非、この機会にお申込みください。
アメリカ駐在の方へおすすめ。アメリカのクレジットカード - ANA CARD U.S.A.
アメリカ赴任・駐在の方など米国クレジットヒストリーのない方にもおすすめのクレジットカード。米国住所をお持ちのANAマイレージクラブ会員であればお申込みできます。

運転免許証

国際運転免許証に加えて、無事故証明書を、鮫洲、および保険会社から取得しておくことで、アメリカでの自動車保険が安くなるらしいが、真偽は不明。自分は日本語が使える保険会社で、1台あたり1,500ドル程度となった。他にも大学卒業証明書があると保険が安くなるらしいが、提示するタイミングが無かっった。

運転経歴に係る証明書|自動車安全運転センター

着任後

SSN取得

電話で事前に予約する。待つこと無く手続き可能。(2022年現在)

アメリカの銀行口座

  • ユニオンバンクで、住所をアメリカの住所(住居が決まる前であれば、オフィスの住所)に変更する。ユニオンバンクは比較的簡単に住所変更が可能でありがたい。(2022年現在)
  • ユニオンバンクはあまり支店が無いこと、今後のクレジットカード快適生活のため、メインで使う銀行として、Chaseなどで口座を作成しておくと良い。その際は、ユニオンバンクのBank Statementが住所証明として使える。

自動車

  • 半導体不足で新車、中古車ともに在庫僅少。自分はShift.comで近郊の在庫車に絞って探して、(当時住んでいたホテルまで持ってきてもらい)試乗した後決めた。ガリバーは割高で、実物を見ること無く決める必要があり、パスした。
  • 価格などは、相場なども意識して、過度に割高で無いものが良さそう。肌感覚としては、2万ドル前後くらいまでは、市場価格よりも割高に設定されている様子。
  • 新車の利点は、ディーラーによっては、クレジットヒストリーが無くても割安のローンを準備しているところがあること。Subaruディーラーでは、インドなどからのIT技術者向けに割安ローン(たしか5%前後)が準備されていた。
  • 他にもcarvana.com、dgdg.com、carmax.comなど中古車販売業者たくさんある。
  • 中古車だと、carfax.comで事故歴などが確認できる。またkbb.comで相場が確認できる。
  • もし車種にこだわりなく、車種選択からなら、consumerreports.orgが参考になる。
  • 5年後のリセールバリューが最も良い車種、などいろいろなランキングを公表している。
  • 相対的に、ドイツ車、アメリカ車は日本で探すよりも安価に見える。
  • 自動車保険を割安に済ませたいのであれば、GEICOなどよく耳にする。多分日系の半分以下くらいになりそう。

運転免許証

  • 自動車を入手した後、最寄りのDMVでテスト。試験対策は、ググると色々ある。CAは日本語で受験可能。受験費用はクレカ支払いも可能だが、手数料がかかるので、現金が良い。
  • 実技試験は、Santa Claraよりも、Los Gatosがオススメと聞いた。自分は昔の運転免許証があったので、実技試験は不要だった。

クレジットカード

  • アメックスは日本での利用実績があれば、アメリカでもすぐに発行が可能。自分は渡米数日後に、Amex Platinumを申請して無事に入手した。(発行後、住所証明などの手続きがちょっと面倒だったけど。)
  • ANA CARD USAも、その後で入手したが、マイル還元率は1%、為替手数料も発生するので、サブとしての活用。
American Express - Moving Abroad - Global Card Transfer - United States
Have you recently been relocated to US, or will you be moving overseas to US? Start the process to transfer your card to...

住居

  • 治安の良いエリアに、お気に入りの一軒家を予算内に見つけるのは至難の技。ここが一番苦労した。アパートは、そこそこ空きもあり、一定数供給もあり、同時期に探していた人間は、苦労無く見つけていたが。
  • 子供がいる場合は、学区を意識して、かつ現地に行って自分で空気感を感じて探すことになるのだけど。
  • 自分は最初、あまり土地勘が無かったので、Cupertinoで探すことになるのかな、と漠然と考えていて、Cupertinoの物件ばかりを探していた。何軒も見る中で、こんな理由からCupertinoはやめることにした。場所によってはインド人が異様に多いこと、教育熱心なインド人やアジア人のお陰で、GreatSchoolの点数は異様に高いけど、授業についていくのがなかなか大変な場合もあること、日本人も多いこと、など。
  • もともと、主流よりも亜流を好むこともあって、学校のレベルはそこそこ、日本人も多すぎない、治安は良い、学校の人種のばらつきもほどほど、のエリアとして、Los Gatosに近いSan Joseや、Campbellなどを新しい候補として探した。
  • あとから分かったのだけど、自分の勤務するオフィスで小学生、中学生の子供がいる家庭は、みんなCupertinoでは無く、これらの地域に住んでいたことが判明した。彼らも、現地に来てから土地勘を得て、これらの地域に決めたとのこと。
タイトルとURLをコピーしました